ROOTS訪問看護
リハビリステーション

オープニングメンバー 絶賛募集中!
訪問看護での管理業務や現場業務に興味のある方のご応募をお待ちしております!
オープニングメンバー 絶賛募集中!

ROOTSが大切にしていること

スタッフの満足がご利用者の満足に
ROOTS訪問看護リハビリステーションでは、スタッフが安心して働ける職場づくりをとても大切にしています。 いくら「理想的な在宅支援」を目指したところで、スタッフが楽しく安心して働くことができる環境でないと、ご利用者への十分なケアには繋がっていかないと考えているからです。
在宅で暮らす方への様々なアプローチ
看護やリハビリといった各々が得意とする主たる専門性の他に、在宅で暮らすご利用者の生活をより良くするための様々なアプローチを提供していきます。 例えば、専門的な資格を取得したスタッフによる「メディカルアロマ」や「ストレッチポール」を利用したトレーニングを提案することもあります。 この他にも、ご利用者にとってより良いものであれば、積極的な導入を検討していきます。
良いチーム・良い連携を
2016年の立ち上げと、まだ比較的新しいステーションとなり、組織としてはまだまだ発展途上となります。 チームが1つになって良いケアを提供していくために、新しいルールや必要なルールを、皆で話し合いながら柔軟に変化をしていく組織を目指しています。 また、病院やクリニック、地域包括支援センターやケアマネ事業所、通所サービスやヘルパーさんなど、関わる外部の方たちとの地域一体となった連携も大切にしています。
所長 / 理学療法士

杉浦 祐司
(スギウラ ユウジ)

埼玉県川越市出身。理学療法の専門学校を卒業後、 ケアミックスでの病院で臨床経験を積んだ後に、都内の訪問看護ステーションへ転職。 自身の生まれ育った地元での地域医療に貢献したいといった想いから2016年に『ROOTS訪問看護リハビリステーション』を立ち上げる。 趣味はサッカー観戦。お休みの日はフットサルチームでプレイをすることも。
在宅でリハビリを受ける祖父の姿

私が理学療法士を目指すキッカケとなったのは、まだ小学生の時に一緒に暮らしていた祖父の影響があります。 脊柱菅狭窄症に苦しんでいた祖父は定期的に接骨院へ通っていたのですが、次第に通院が難しくなっていき、自宅での訪問リハビリを受けるようになっていき、その姿を子どもながらに眺めていました。

専門学校の卒業後は、すぐに在宅へと進むことはせずに、まずは病院で臨床経験を積むことにしました。 回復期・療養病棟で働く中で、せっかく病院から在宅に戻っていった方が再入院を繰り返している姿を何度も目の当たりにして、家での生活支援・環境調整への関心を高めていきました。

その後、病院で経験を積んだ後に株式会社が運営する都内の訪問看護ステーションに転職をしています。 念願だった訪問リハビリの現場はとても楽しかったですし、定期的な土日のお休みが取れ、家族との時間もしっかりと確保できる在宅での働き方は、自分の希望にも合っているなと感じました。

いま振り返ってみても、自宅で理学療法士さんからのリハビリを受ける祖父の姿は、訪問リハビリを提供する側となった現在においても大切な原体験となっているように感じます。

訪問の現場で感じた苦労と喜び

病院から訪問看護ステーションに転職した時、まず最初に直面した壁は「身体機能面へのアプローチだけでは不十分」といった点でした。
病院で働いていた時はより身体機能に対する意識が強かったのですが、在宅の現場では環境面や生活背景、ご利用者様がどのような生活を送って どの部分に不自由を感じるかをしっかり評価し、アプローチすることが重要になってくるんですね。
在宅におけるご利用者の「安定期」「混乱期」「移行期」と様々なフェーズに寄り添っていく中で、 ご利用者の状況の正確な把握、生活環境の整備、(病院と比較して)より深いレベルでの関係性構築といったことが重要になってきます。
そこの意識の転換に苦労したことはよく覚えています。

在宅の現場ではたくさんの感謝の言葉を頂くことができます。
90代・男性の寝たきりのあるご利用者がいました。
その方は、「ベッドから立ち上がりたい」「家の外に出たい」といった強い意思を持たれていました。
本人の希望に従い根気強く訪問リハビリを続けていく中で、ドンドン回復していき、次第に離床する回数も増えていきました。
最終的には一緒に桜を見に行くことができ、ご本人はもちろん介護をされていた周囲の方々も大変に喜ばれました。
あの時に仰って頂いた「ありがとう」の一言は心が震えるほどに嬉しかったです。

ROOTS訪問看護リハビリステーションで目指すもの

私がステーションを立ち上げた経緯としては、自分の育った川越市のエリアに貢献していきたいといった想いがありました。

また、東京都内で働く中で、都内の騒がしい喧騒が自分には合っていないと感じたことも地元に戻った理由の一つです。
当ステーションが駅から少し離れた場所に事業所を構えていることにも、実はそういった背景があります。
目の前に公園もあり、緑が多く、空気が緩やかに流れる落ち着いた雰囲気が気に入っています。

「ROOTS」という名称は「根差す」といった意味から取りました。
ご利用者はもちろんとして、各所との連携が求められる訪問サービスにおいて、地域に根ざし、地域を支え、地域に必要とされる訪問看護ステーションを目指していきたいといった想いが込められています。

在宅の最大の魅力

ご利用者と継続的な関わりを持てること、ご利用者のもつ可能性を一緒に伸ばしていくことができる点が在宅の最大の魅力だと思っています。
そのためには、内外の様々な職種のスタッフが一つのチームとなってしっかりと連携をしていくことが必要ですし、自身の未経験の領域についても勉強をして対応力を高めていくことも必要となります。

そのような考えに共感を持って頂けるメンバーで、スタッフ1人1人がやり甲斐をもって仕事に取り組むことができ、一方で、しっかりと休む時は休んでプライベートな時間も大切にできる、 そんな職場をつくっていきたいと考えています。

現在、ROOTS訪問看護リハビリステーションでは、リニューアルオープンに向けて新規メンバーを絶賛募集しています。 在宅未経験の方や、ブランクがある方、子育て中の方など、どのような事情をお持ちの方でも結構です。 まずは気軽にお問い合わせください!

働き方の特徴

年間休日125日
土日祝のお休みと夏季・冬季のお休みがあります。 また、子育てや介護のある方も安心して働けるよう、時短常勤制度や1時間単位での有給取得などの各種制度を設けています。 ROOTSでは、スタッフ全員がしっかりと働いてしっかりとお休みを取る職場を目指しています。
ご利用者について
ご利用者は慢性期の比較的状態の落ち着いた方の生活支援がメインとなります。 急変のリスクや、緊急呼び出しの頻度も少なく、長期的な関わりを持っていくことが可能です。 看護とリハビリのメンバーが一緒になり、医療従事者である以前に「人」と「人」との向き合いを大切にしたケアを提供していきます。
教育・研修
スタッフの希望に応じた各種の研修への参加を推奨しております。 また業務時間内の研修への参加についても、柔軟に相談可能です。 外部で学んできたことは、現場やチームに還元していって頂きたいと思っています。

Q&A

訪問看護・訪問リハビリ未経験でも大丈夫でしょうか?

在宅未経験者はもちろん、臨床経験の短い方、ブランクのある方も歓迎です。 たとえ経験・スキルに自信がなくても、訪問看護・訪問リハビリへの興味関心や、学んでいく意欲があれば問題ありません。 在宅の現場で安心して独り立ちしていけるよう、しっかりとサポートしていきます。

小さな子どもがいるので、仕事と家庭との両立に不安があります。

まずはご相談ください。 訪問看護は病院勤務と比べても勤務時間やシフトの融通はしやすく、また、お子さんの急な体調不良などにも柔軟に対応してまいります。 希望がある場合は、時短での常勤勤務についてもご相談可能ですよ。

電子カルテを利用していますか?

はい、電子カルテを利用しています。

採用までの流れ

1
お問い合わせ
まずは見学だけでも結構です!気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ後、弊社担当者からご連絡いたします!
2
見学
事業所内の見学はもちろん、同行訪問もセッティング可能です!
見学の所要時間は1時間・半日・1日など、ご相談可能です!
3
面接(1回)
見学後、希望が合えば採用面接をセッティングをいたします!
通常、面接は1回のみとなります!
4
ご内定
面接後〈1週間以内〉を目安として結果のご報告をいたします!
勤務開始日はご希望に合わせて相談可能です!
見学してみる

メンバー 募集中!

訪問看護での管理業務や現場業務に興味のある方のご応募をお待ちしております!
見学してみる

募集要項

現在、募集中の職種は以下の通りです。

アクセス

〒350-1176
埼玉県川越市川鶴1丁目15−11
※東武東上線「鶴ヶ島」駅から車で7分、川越線「的場」駅「笠幡」駅から車で8分

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォームはこちら